Deep Fake

ディープフェイク

デジタルメディア(写真、ビデオ、音声)において、人物や物の外見や行動を人工知能でリアルに再現・変更します。
AI技術を用いて特定の人物の顔や音声を他の人物や環境に組み込み、現実と見分けがつかないレベルのメディアを作成します。
従来の編集技術とは異なり、ディープフェイクは高度なAIアルゴリズムを使用し、よりリアルで説得力のある映像や音声を生成することができます。

ディープフェイク

Worries

こんなお悩みはありませんか?

■ 著作権や肖像権を気にせずクリエイティブ表現をしたい
■ 理想のCGモデルを作成したい
■ 実在するモデルと瓜二つのCGモデルを作成したい

Solution

あなたのお悩みをディープフェイクで改善します

ディープフェイクとは?

ディープフェイクとは、ディープラーニング(AIの深層学習)とフェイク(偽物)を組み合わせた造語です。

Photoshopなどの画像編集ソフトを使用し、画像の顔を差し替えたり合成したりすることは過去にもありましたが、近年ではディープフェイクを用いて顔を差し替えるだけでなく、動画中で発する言葉に合わせて口を動かしたり表情を変えたりと、まるで本人が話しているのと区別がつかないレベルにまで技術が急成長しています。


Recommend

おすすめ活用イメージ

■ バーチャルモデルを作成

ディープフェイク技術は、オリジナルの著作権・肖像権フリーの素材を簡単に生成することができます。二つとも同じものが生成されないように設計されており、自動生成されたとは思えない高品質の人物モデルの画像が作成可能です。理想の顔のパーツを持つモデルが存在しない場合でも、ディープフェイクを使用すれば思い通りの作成が可能です。著作権フリーの場合、著作権や肖像権の侵害を気にせず利用できるため、様々な用途で活用が可能です。

■ 実在人物とうり二つのCGモデルを作成

デジタルアバター(分身)を実在の人物のデータから作成し、タレントやモデルの代役を務めたり、販売員の業務を代替させるビジネスが進展しています。デジタルコンテンツを低価格で即座に作成できるため、さまざまな可能性が期待されています。

■ 合成映像のアバターをプレゼンや研修ビデオに活用

ディープフェイク技術を利用して生成された映像のアバターを活用することで、メールコミュニケーションやプレゼンテーションをより魅力的にすることが可能です。これらのアバターは、視覚的な要素を追加し、視聴者の注意を引くことができます。これにより、情報の伝達が効果的になり、視聴者が情報をより深く理解するのに役立ちます。

Other AI Module

その他のAIモジュール